最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. tats (04-17)
  2. えとー (09-24)
  3. nov (09-22)


2004-09-01 [長年日記] この日を編集

AFS

ふむ、 Andrew File System で略してAFSなのか。

CMU はカーネギーメロン大学の略。

がんばりましょう

ふむ。

ja 4209 (48%)
    日本語

...orz


2004-09-02 [長年日記] この日を編集

よつばとひめくりカレンダー 2005

今年までのあずまんが大王から よつばとにチェンジになっている。ちょっとさびしいかも。

なんにしても ひめくりカレンダー 自体はぽちっとな。

む、 「よつばと!」2005年カレンダー「よつばと!」2005年カレンダー というのもあるのか。

気分転換にここを変更してみる

タイトルは坂本真綾「少年アリス」 坂本真綾「少年アリス」 の楽曲より。

今日の賽の河原

いくつか片付けたが、はるか遠い道のり。
昔にやりかけだった po ファイルを見つけてがっくり。

iPod修理サービス

iPod 買ったばっかりのiPodが不調になってはや数日。

仕方なしに修理サービスを数日前にwebで申し込んだが、確認のメールが送られてこない。業を煮やして昨日申し込んだが同様の状況。

で、今日はついに電話で確認したのだが、電話先のサポートの人も同じシステムを使っていて「トラブルが起きたので後からご連絡します」ということに。

たのんますよ、ほんまに。>Apple


2004-09-03 [長年日記] この日を編集

iPod修理〜今日のトリビア

とりあえず着払いで発送。

iPodの修理センターは 千葉県内にある。

  • 地理的に成田に近いなど空輸が楽に素早く可能
  • 東京から近いので陸路も楽
  • 土地も安い

以上のような理由だろうと勝手に推測。当たっても何も出ませんが。

Preparation of the next stable Debian GNU/Linux update

ChangeLog
---------
2004/09/03 06:54 MET
 * Accepted qt-copy
 * Updated krb5 (accept)
 * Updated python2.2 (accept)

うー 突っ込んだけど 無視されてるな。


2004-09-04 [長年日記] この日を編集

オープンソースカンファレンス2004

BOF「コミュニティ大集合」 というのに参加してみる。資料をその場についてから作成し始めて発表前に何とか終わるという、まぁ、ありがちな展開 ;-)

ネタプレゼンでしたが、そこそこウケも取れたのでよかったよかった。

エドケン live & お食事会

懐かしい面々と顔合わせ。楽しゅうございました。


2004-09-05 [長年日記] この日を編集

パッケージを更新してみる。

オフィシャルのパッケージが更新されていないので、練習としてローカルで更新してみる。

henrich@dell:~$ mkdir src
henrich@dell:~$ cd src
henrich@dell:~/src$ wget http://www.gcd.org/sengoku/stone/stone-2.2c.tar.gz
henrich@dell:~/src$ apt-get source stone
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
50.9kB のソースアーカイブを取得する必要があります。
取得:1 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (dsc) [557B]
取得:2 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (tar) [47.6kB]
取得:3 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (diff) [2704B]
50.9kB を 3s で取得しました (16.1kB/s)
dpkg-source: extracting stone in stone-2.2
henrich@dell:~/src$ cd stone-2.2
henrich@dell:~/src/stone-2.2$ uupdate -u stone-2.2c.tar.gz -v 2.2c
New Release will be 2.2c-1.
Symlinking to pristine source from stone_2.2c.orig.tar.gz...
-- Untarring the new sourcecode archive stone-2.2c.tar.gz
Success!  The diffs from version 2.2-1 worked fine.
Remember: Your current directory is the OLD sourcearchive!
Do a "cd ../stone-2.2c" to see the new package
henrich@dell:~/src/stone-2.2$ cd ../stone-2.2c
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ fakeroot dpkg-buildpackage
dpkg-buildpackage: source package is stone
dpkg-buildpackage: source version is 2.2c-1
dpkg-buildpackage: source maintainer is Hideki Yamane 
dpkg-buildpackage: host architecture is i386
 debian/rules clean
dh_testdir
dh_testroot
rm -f *-stamp
/usr/bin/make clean
make[1]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
rm -f stone md5c.o stone.exe stone.obj md5c.obj stone.o logmsg.o service.o svcbody.o MSG00001.bin logmsg.h logmsg.rc
make[1]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
rm -f stone.ja.1
dh_clean
 dpkg-source -b stone-2.2c
dpkg-source: building stone in stone_2.2c.orig.tar.gz
dpkg-source: building stone in stone_2.2c-1.diff.gz
dpkg-source: warning: file debian/postinst has no final newline (either original or modified version)
dpkg-source: building stone in stone_2.2c-1.dsc
 debian/rules build
dh_testdir
/usr/bin/make linux-ssl SSL_FLAGS="-DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" \
SSL_LIBS="-L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" \
POP_FLAGS= POP_LIBS=
make[1]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make TARGET=linux ssl_stone LIBS="-ldl"
make[2]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make FLAGS=" -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" LIBS="-ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" linux
make[3]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make FLAGS="-DINET_ADDR -DCPP='\"/usr/bin/cpp -traditional\"' -DPTHREAD -DUNIX_DAEMON -DPRCTL -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" LIBS="-lpthread -ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" stone
make[4]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
cc  -DINET_ADDR -DCPP='"/usr/bin/cpp -traditional"' -DPTHREAD -DUNIX_DAEMON -DPRCTL -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl -o stone stone.c -lpthread -ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto
make[4]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[3]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[2]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[1]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
cp -a stone.1.ja stone.ja.1
touch build-stamp
 debian/rules binary
dh_testdir
dh_testroot
dh_clean -k
dh_installdirs
install -m 755 -o root stone /home/henrich/src/stone-2.2c/debian/stone/usr/bin/stone
dh_testdir
dh_testroot
dh_installdocs
dh_installchangelogs
dh_installman stone.1 stone.ja.1
dh_strip
dh_compress
dh_fixperms
dh_installdeb
dh_shlibdeps
dh_gencontrol
dh_md5sums
dh_builddeb
dpkg-deb: ../stone_2.2c-1_i386.deb にパッケージ `stone' を構築しています
 dpkg-genchanges
dpkg-genchanges: including full source code in upload
dpkg-buildpackage: full upload (original source is included)
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ vi debian/changelog
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ cd ..
henrich@dell:~/src$ ls
stone-2.2   stone_2.2-1.diff.gz  stone_2.2.orig.tar.gz  stone_2.2c-1.dsc           stone_2.2c-1_i386.deb
stone-2.2c  stone_2.2-1.dsc      stone_2.2c-1.diff.gz   stone_2.2c-1_i386.changes  stone_2.2c.orig.tar.gz
henrich@dell:~/src$ sudo dpkg -i stone_2.2c-1_i386.deb
Password:
(データベースを読み込んでいます... 現在 24720 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
stone 2.2c-1 を(stone_2.2c-1_i386.deb で)置換するための準備をしています...
stone を展開し、置換しています...
stone (2.2c-1) を設定しています ...

というかんじで stone のパッケージを更新してみた。参考にしたのは Debian メンテナ入門 第 9 章 - パッケージの更新
一応接続自体は問題なくいってます。思っていたよりは難しくなかったですが、どっかに落とし穴があるかも(わ

さらに今度はパッケージを1から作ってみる。

題材は quitsl をベースにしたプログラムですね。

ということで、slのパッケージを参考に試行錯誤の末、 一応できた のですが

  • section が unknown のまま。あれ?gamesにしたはずなのに。
  • man が日本語なのでおかしなことに。えーとどうするんだっけ。

とまぁ、課題はまだあるのでした。

"quit"ぱっけーじの続き

quit実行中 一応manを直して、section も直した。これでひと段落。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ mhatta [私家版パッケージを作るときは、Debianバージョンを-0.1とかにしておくのが定石です(今回の場合なら2.2c-0..]


2004-09-06 [長年日記] この日を編集

quit パッケージの置き場所

deb http://www.ma-aya.to/~henrich/debian/package/ ./

deb-src はどーすりゃいいのかな。よくわからん。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ kmuto [apt-ftparchive sources . | gzip -c9 > Sources.gz かな。]


2004-09-07 My Little World [長年日記] この日を編集

ふむ

ツッコミありがとうございます。 なるほど、 小数点以下のバージョンなら バージョン間の競合や更新を解決できますね。やっぱり落とし穴があった ;-)

ところで「定石」は「documented」なのでしょうか? Debian メンテナ入門  2.3 パッケージ名とバージョン あたりは見たのですが。

ふむふむ

こちらもツッコミありがとうございます。 apt-ftparchive ですか。できるようになりました。今度からこっちを使うようにします。あとでmanみておかないと。

gentoo の ebuild があった

quitパッケージの ebuild を見つけた。cjkでフラグたてて分けてるのね。んーこっちではどうするかな。

謎の組織…

UNIXを影で支配してきた謎の組織・・・ root。
歴代管理者の全てが root だったと言われている。

元ネタがわかるだけにすばらしいといわざるを得ない。 その次 もなかなか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ mhatta [うーん、定石だと思っていたけどどこにも記述はないですね。]


2004-09-09 das Lamm Gottes [長年日記] この日を編集

おお、ばっちり

ということで修正していただきました。現状で167個か…。

最近の俺的 po-debconf/ja

ぼちぼちとBTSしてます。一々列記するのが大変になっているので特には記載しませんが。

それにしても査読待ちで1週間ほど空けている間に元のパッケージが変更されてたりすると、ちょっと面倒です。

Todo:チェックが必要なパッケージ

  • zope-の修正更新。13個分
  • 修正したのが取り込まれたかどうか怪しいパッケージ 5個分

更新しますた。

もう CMS 使って更新に切り替えたほうがいいな、こりゃ。一人で更新するのはもう面倒すぎでやる気が起きません。もう寝る…。


2004-09-10 [長年日記] この日を編集

slocate

slocate (2.7-3) unstable; urgency=high
  * 'slocate' sgid privileges are now dropped when searching databases that
     are not apart of the 'slocate' group. This will prevent malicious user
     supplied databases from elevating user access to the 'slocate' group.
     See CAN-2003-0848, (closes: #226103)

ふむ?2.6のときの修正が2.7だとちゃんとなってなかった、ということか。

xoops 2.0.7.1

あげておく。今回はセキュリティ脆弱性という言葉も見えなかったので、作業の適用がちょっと遅め。反省。

それにしても相変わらずリリースノートには詳細がない。

元々が

もともとは、これ の Subject: がアレなんですけどね。

そう、アップルがリリースしたメール のサブジェクト自体が間違いだらけだったりするのです。

…あんまり人のこといえないけど。

毎度すいません

ホントお手数おかけしてますです、はい。使いやすくなりました。ありがとうございます。

その分作業もさくさくと…といきたい所ですが、ちょっと足踏。

popfile 0.22

ふと確認してみたらバージョンがあがっていたので入れてみる。

目に見えて動作が軽快になった上にapopまで対応してくれた模様。すばらしい。開発者達にありがとう。


2004-09-11 ダイヤモンド・ベイ [長年日記] この日を編集

今日の俺的 po-debconf/ja

  • fuzzy がでてたのを修正して BTS
  • メンテナから更新依頼がきていたので更新して返送。
    元のファイルは文字コードの関係上グチャグチャになっていたので、原文の変更部分を手元のにマージしてその上で翻訳した旨添えておく。
  • fuzzy がでてたのを修正して BTS。poディレクトリに jp.po なるものがあったので削除してね、と添えておく。
  • 査読依頼から1週間経ったので1件新規にBTS。
  • fuzzy がでてるが、原文の語順が変わっただけで訳としては変更無し、ということでこれもBTS。
  • untranslated な行が追加されたので訳してBTS。
  • 以前にリストアップしておいたzope関連パッケージのja.poをアップデートしようと作業を始める。
    が、 Japanese debconf-po translation status にパッケージが見当たらない。
    首をひねりつつソースを取って調べると、なんと ちゃんとpoディレクトリが掘って無いし POTFILES.in も無いしできちんと作業されていない 。気絶。
    →手元で修正してみたのをpatchにして送ってみた。
    それにしても zope もげは Luca さん曰く「We'll use shared template」なはずだったんだが、放置のまま優に半年は経過してるぞ。
    won't fix ならそれでいいので、いい加減何とかしてくれ。
  • その他のzope関連パッケージはどうやらまだBTSしたのがずーっと放置されているものばっかりらしい。 200日以上経過。
    とりあえず雛型文を作って送りつけることにする。頼むから反応してくれよ…。
    →10パッケージ完了。やれやれ。
  • ja.poを送ったら「どうやってこれを適用したらいいの?やり方教えてくれないかな?」とメンテナからメール。 キミガソレヲオレニキキマスカ?
    返信はどうしようかと思案中。
    →VMWareで確認取れたので「単に追加せよ 。まぁpo-debconfパッケージはあって損はなし」と返信。
  • POTFILES.in に些細なミスで -updatepo ができてなかった gwhois をBTS。これで査読の確認待ちを除くと -doc に投げたのは処理済。
    残りは「最新版で投げたかどうか不明なpoファイルの確認」のみ。
  • ようやく査読になげました。1個だけ。

まぁ、そんな感じであんまり進捗はありません。後退を持ちこたえようとしているというのがぴったり。

てか、Debian はいずこへ…

 Vine Linuxは、パッケージ管理システムにaptを採用している。
 …
 なお、aptはFedora CoreやRed Hat Linuxなどでも利用できる。

( ゜д゜) ポカーン

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゜д゜) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

  _, ._
 (;゜ Д゜) …!?

じつはAA使ってみたかっただけだったりするんですが(わ

私は著者の方は存じ上げてませんし、リンク先をたどれば Debian についても言及されていますが、でもこの書き方はないだろー、とは思います。

kirche「colored water」

帰り際にブックオフによってここ数日始めた通勤時の読み物を物色。

で、支払いを済ませて帰る前にCDの棚を見たら、珍しいことに kircheの「colored water」 なんてものを発見。すぐにレジに引き返して購入。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ゆきち [まあ、北浦氏だし < apt 一応、文脈的には、次の行へとつながるかたちを取っていますけどね。]


2004-09-12 [長年日記] この日を編集

今日のクレーム活動

おそらく日本で developer でもないのにもっとも Debian BTS にクレームしてる人に違いない。ブラックリストがあったら載ってるだろうな、と思い始めた今日この頃。

  • usermin の脆弱性 について、アップグレードしてくれとBTS。
    →速攻で「作業中」と返事が来た。前にも同じクレームしてるからとっとと返信しておくべきだと思ったのかも。
  • きちんと更新版のpoを送ったかどうか怪しいパッケージの精査。
    →案の定、二つほど見つかる。再度 BTS。
  • ImageMagickの脆弱性 の対処についてはどうなってるのだろうか?と調査。
    見つけた。Sargeへの対処した、とはあるがwoodyが不明なので突っ込みだけしておく。Tagにwoodyはついてるし、蛇足だったかな。ちょっと反省。
  • imlibの脆弱性 はどうやら imlib2にもあるらしい 。 調べてみたら、upstream のにも それらしき記述が 、ということで BTS
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ mhatta [Developerになってしまう、というのがよいのではないかと。]


2004-09-13 トロッコ [長年日記] この日を編集

xoops アップデート

ふとアンテナから辿ると、ここ数日で2度もセキュリティアップデートされていました。あわてて作業。

いい加減、誰か deb パッケージにしてさくっと update できるようにしてくれないかなぁ(自分でやれ)

Xoops Protector

Xoops Protector は、XOOPS2 を様々な悪意ある攻撃から守るためのモジュールです。
このモジュールで防げる可能性のある攻撃は、以下の4種類です。
- DoS
- SQL Injection
- XSS
- システムグローバル変数汚染
これらの攻撃からあなたのXOOPSを守り、ログに記録します。
ただし、このモジュールはあくまで、最大公約数的な防御しか行いません。
一部の3rdパーティモジュールに見られるような穴の一部は防げるかもしれませんが、すべての穴を防ぎきるものではなく、過信は禁物です。
その限界は承知の上で、すべてのXOOPSユーザーに対して、インストールをお勧めします。

2004-09-14 アイ・アム・サル [長年日記] この日を編集

脆弱性が出たそうなので更新

このサイトなんですが、誰か更新してくれそうな人居ませんか?使ってくれてる人=ユーザが手がけるのが一番だと思うのですが…。

とりあえず、 ここらへんのページも更新 してみました…あんまり見てくれてる人居るとは思えませんが、消すのも忍びないので。


2004-09-15 [長年日記] この日を編集


2004-09-16 [長年日記] この日を編集

Linuxコンソーシアム セミナー

セキュアOSな話。感想としては「商用ってやっぱりすごいねぇ」。使い勝手のところが考えられてます。

apache2 ぱけじ

 apache2 (2.0.51-1) unstable; urgency=high
 .
   * New upstream release, including the following security fixes:
     - CAN-2004-0747: ap_resolve_env buffer overflow
     - CAN-2004-0786: apr_uri_parse segfault in memcpy
     - CAN-2004-0809: mod_dav crash/DoS via NULL pointer dereference
   * Drop the following patches which are now included upstream:
     - 025_CAN-2004-0748.patch
     - 026_CAN-2004-0751.patch
     - 027_autoindex_ignore_bad_files.patch
     - 028_apr_sticky_bits.patch

なかなか降りてこないので incoming.debian.org からパッケージを落としてインストール。


2004-09-17 [長年日記] この日を編集

for iPod

iPod用のケースなり保護シートなりを探していて ありがとうiPod というサイトを見つける。ふむ、やっぱり色々あるな。 秋葉原あたりで探してみないとダメかな。

定石だけど

私家版パッケージの versioning は、やっぱり記述としてはないものなんですね。覚えていたら wish してみるのがいいかな。

Progeny Debian をインストールしてみる

anaconda を Debian に移植したインストーラ、というので ためしにインストール してみました。

感想としては、素直で、特段言うこともないかな、という感じでしょうか(わ
日本語特有のアプリケーション(Input Method など)が入らないのが惜しいところですが、初心者には X な GUI でインストールというのはウケがいいでしょう。

progeny debian

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ tats [私家版パッケージのversioningについて。 個人的には、NMU時のバージョンとの衝突も避けるため、-0.0.1..]

_ tats [しまった、3桁目の数字はbinary NMUで使われます。 (ref. "Debian Developer's Re..]


2004-09-19 [長年日記] この日を編集

string freeze

* String Freezeはとっととやれ。むしろ今すぐやれ。
 実のところNative Englishによるメッセージの改善というのは、translationする上ではたいして意味がない。
 たくさんいる翻訳者がひどい目にあうだけなのでもうこれ以上こねくるのはやめてくれ。
* どーしても特定の機能向上にメッセージを増やすなら、実装のあとにString Freezeをすると時間の無駄なので、
 実装する前にテンプレートにそのメッセージつっこんどけ。

全く同意。翻訳は「追っかけ」作業なので、一旦立ち止まってもらえないと辛くてしょうがない。

サロン「猫の時間」

大阪じゃなければいってみたかった…。

hdparm してみる

[root@localhost root]# hdparm -tT /dev/sda
/dev/sda:
 Timing buffered disk reads:  226 MB in  3.00 seconds =  75.33 MB/sec

うーむ、やっぱり SCSI マシンは速いな


2004-09-20 [長年日記] この日を編集

今日も怠惰に過ごす

封印再度

通勤路になっているところを途中で降りて、線路沿いの大き目なbookoffへ。予想通り 「封印再度」 を発見。他にも3冊ほど購入。

久々に泳いでみたら全く腕の力が入らなくなっていて困った。
体重は年初の最大の頃に比べて5kg減。あと3kgほどは減らしたいところだが、どうも肉体改造のほうが必要な気がしている。筋肉減りすぎ。

DebconfTemplates Style Guide recommendations

こちら の投稿より

You should consider updating them and also have a look at the Debconf
Templates Style Guide recommendations
(http://people.debian.org/~bubulle/dtsg/dtsg.txt) which gives some advices
for debconf templates writing.

なるほど、これ読んどけ、か。

If you modify the debconf templates of your package, please consider running debconf-updatepo and send *.po files to translators.

んー that's good to consider doing such thing but it's better that some kind of "tools" do same thing. 人は面倒くさがりやだしね。
誰かpackaging toolに潜ませてくれないものかね。


2004-09-21 [長年日記] この日を編集

imlib2

imlib2 (1.1.0-12.4) unstable; urgency=high
.
  * Non-Maintainer Upload.
  * Fix remote BMP heap overflow, patch from Martin Pitt. (Closes: #271375)

うーん、こっちが送ったレポートとmergeしてくれてるかと思ったらやってないのか。woodyにはなさそうだし、あとで閉じておくか。

パッケージのバージョング

ツッコミありがとうございます。 ふむ、 5.11.4.1 Source NMU version numbering ですね。

たしかに「NMU時のバージョンとの衝突も避けるため、-0.0.1とする」方が良さそうです。多謝。

そしてこのサーバの hdparm

/dev/hda:
 Timing cached reads:   296 MB in  2.03 seconds = 146.05 MB/sec
 Timing buffered disk reads:   28 MB in  3.00 seconds =   9.32 MB/sec

わははは


2004-09-22 [長年日記] この日を編集

更新はありがたいですが

rssh (2.2.1-5) unstable; urgency=low
.
  * Translations updated:
    - French: fr.po (Closes: #267573)
    - Brazilian: pt_BR.po (Closes: #272433)
    - Japanese: ja.po (Closes: #236236) although might be outdated.

「although might be outdated」...。

判ってるなら更新版のを直接送ってくるなり何なりしろ!!!

閉じ忘れてた

「同じかな?」って問い合わせが来てました。同じcvs changelog見てるし同じだよ、閉じてOKってつもりで返事。

開発者になる

問題は 「プログラミングが全く出来ない」 という点にあります(比喩抜き)。
CもJavaもPerlもPythonもRubyも全くできません。hello worldすら無理という体たらく。

Debian Project が開発者寄りじゃなくて、もちっと別の分野でも参加できるような形になってると嬉しいんですが…まぁ、無いものねだりですね、今のところは。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ nov [(勢いあまって入ったはいいけど NMQ に放置されてる) 僕と一緒に その「形」とやらを作りませんか?と言ってみるテ..]

_ えとー [がんばれー、なんかやればなんとかなるかも〜]


2004-09-23 パガニーニ「奇想曲9番」 [長年日記] この日を編集

眠りすぎで

どうも首回りが痛いな、運動不足のせいか…と思っていたんですが、軽く寝違えていたような感じ(苦笑)
流石に三度寝までして午後遅くまで寝てたせいですな。

とりあえずゆっくり運動。体重がまた増えてきたようだ。ううむ。

形作り

developer だけではなくて、それ以外の層を contributor として巻き込めれると良いですよね。
プログラムを書く事のできる人 以外 が、別の形で参加できるといいなーと。
私なんかは、今の制度でいうと 「ステップ 4: 仕事と技能」 あたりが 絶対通過できない自信があります

妄想気味?

もし、手伝えればこんなことが出きるようになったらいいなーというのは色々とあります。

  • もっと developer 個人が紹介されるような仕組み (gentoo みたいに)
    心情的に「知らない奴が作業している」よりはずっと良い結果をもたらすと思います
  • 簡単に donation できるような web サイト構成
    作業が何も出来ない人でも費用なら捻出できるはずですし。作業しないで文句いうなら、その分金でも出さないと ;-)
  • web ページの様に obsolute 可動化を判別できるようになっているドキュメントのページ
    幾つかのドキュメントが日本語訳のバージョンが古いにもかかわらず、簡単に判別が出来ません :-(
  • po が楽に update できる枠組みとツール(ちょっとぼんやり過ぎ)
    でも、これは結構切望気味。

こんなところが実現できるといいなぁとは思ってます。

個人的には 「メンテナがuploadするまでpoの訳が追随できないのをなんとかならんのかー!」 というのはあります。
半年以上放置プレイかまされた挙句に「might be outdated」とか言われた日にゃ「誰が今まで放置してたんじゃいっ」と突っ込みたくなるのも無理ないと思ってください、はい。

ただ、夢ばっかり語っても「手を動かさなきゃ何も成果は現れない」ので、とりあえず po の訳は自分自身の課題として完了まで続けてはいくつもりです。
大きなものは武藤さんの方で作業されているので、私がやっているのは一部だけなわけですけどね :-)

さて、実現のためにはどういう方法を取れば良いのか。まだちょっと模索気味。


2004-09-24 [長年日記] この日を編集

Debian での mozilla firefox のバージョンとセキュリティ

backportしていて問題ないようです。

popfileが止まる

バグフィックスが幾つかされている popfile ver.0.22.1 rc2 だと解消するのかな。とりあえず、該当メールを直接受信して削除してしまったから確認しようがないか。

po-debconf 訳推移状況

ドイツ語  de 1868 (35%) →2574 (44%) →2946 (47%) →3250 (46%) →3712 (47%) →5031 (57%)
日本語     ja 1677 (31%) →2007 (34%) →2471 (40%) →2897 (41%) →3256 (41%) →4349 (49%)

あと2ヶ月で1年経過か。順調に推移といえば順調。ドイツ語の伸びっぷりがすごい。

popfile ハングアップ続き

0.22.1rc2 へアップデート後、該当のメールをあて先を自分に書き換えて送付して受信テストしてみた。
問題なく(?)ハングアップ。何も動かなくなる。タスクマネージャを見てもCPUを使ってる、という様子でもない。

はて、sf.net のBTSだとアカウントが無いとダメみたいだし、面倒だな。

ということで、 sourceforge.jp のほうへ書き込み をしてみました。大体20行でpopfileが止まるところまでは確認しました。


2004-09-25 [長年日記] この日を編集

玄箱セットアップ

ようやく気分的に余裕が出てきて、しばらく前に買った玄箱をセットアップしなおし。
 しなおし、というのは、HDDにあまっていた6GB (元 adamantix ミラー用) をつけてみたのだが、これがうるさいのなんのって。

んでは、新しく買った160GBのをつけてスイッチオン。



...静かだ(わら

ということで、うるさかったのはHDDのせいでした。まぁ流体軸受けとか無い頃の製品だし、うるさいのもむべなるかな。

tlec 宴会

久々に tlec 公式宴会で新宿の 京都鉄板焼き 丹波亭 まで。うまかった。


2004-09-27 [長年日記] この日を編集

個人攻撃はありえるのかな

イメージとしては Gentoo Weekly Newsletter の「開発者紹介」のようなものを考えているのですが、 これで個人攻撃されそうですかね?
今のところは特にその様な話しを見かけては居ないのですが、どうでしょう? (見かけていないというのと存在していないは同義ではないですけど)

あとは、「Bugzilla」・「Gentooチームの動き」という項目があるのもいい感じですね>GWN 見習うと良いところが多いと思います。

過程で得るもの

なろうという過程で新たな発見があればそれで構わない、ぐらいに思っています。

ふむ、先日読んだ を思い出しました。


2004-09-28 咲き誇る季節 [長年日記] この日を編集

ん?この人は…

今井さんのNMQな話から辿ったところで発見。 この人 って…。うーむ。しかも Advocate は この人 ですか。

あんだろ2巻

書店に行ったら あんだろ の2巻がでてました。
前作「冬の物語」の完結篇とその続きである表題作「春の賛歌」は、流麗な画とその中で織り成される人の絡みと心理描写。やっぱり良いですな。

前作については 作者のページ が分かりやすい :)

アンダー・ザ・ローズ2 春の賛歌