最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2011-07-02 [長年日記] この日を編集

IM のほうが絡む問題だった

uim-gtk3 いれて解決。


2011-07-11 [長年日記] この日を編集

CentOS6リリースに触れて思うこと。

中の人は大変だったろうなぁと思います。

しかし、それに加えて開発の中心メンバーが門戸を開いている様子は私にはあまり見えなかったので、仕方が無いのかも、とも思います。今まである程度中心メンバーの個人的ノウハウで処理できていたのが、upstream (RHEL) が derivatives に (Oracle のせいで) 厳しくなって、面倒な処理が増えたことも加わって、キャパを越えたのかなーとか推測。今まで新規人員の育成も参加の取り決めもノウハウのまとめもしてこなかったから、中心メンバーの手に余るようになって、ここに来てドカン。コミュニティ主導のはずのdistroなのに、まるでコミュニティを築き上げてきていなかったのが原因かな、と。あとは、意思決定とスケジュール決定の不透明さですかねぇ

ま、でも多少遅れてもリリースできるだけいいですね ;)


2011-07-16 [長年日記] この日を編集

いよいよ来週はDebconf11です。

画像の説明